FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元気大学生紹介・・・

多治見元気大学生紹介3人目
今日は、僕とレクセント柴田君との出会いプランナー佐藤洋平君の登場。
名古屋で介護施設建築設計株式会社ニコムIT事業部。毎月開催されるニコムセミナーの企画も担当。今回の多治見元気大学で取り上げられた「ありがとうみかん」の研究も現在実験中。また結果報告くださいね

先月の多治見元気大学講義感想
「2010年の経済展望」
私が今働いている環境は、介護関係の業界になります。
介護業界では、行政が中心となり、働く人や利用されるお年寄りの方々に手厚い対策が施されている現状があります。
例えば、1人あたりに支給される介護報酬の増額や働く人の資格取得にかかる費用を行政が負担するなどなど・・・。
ニーズがあり、また社会問題になっていることからも今後益々進出してくる企業があることが想定されます。
しかし、それが経済の回復に繋がるものかどうか疑問なところがあります。
介護業界でも格差が広がっていることは明白です。
高所得者の方へのサービスは、より質の高いサービスとなる一方で、措置の時代から続く低所得者へのサービスは、ニーズがあれど、サービスとして買う事ができない枠組みにある方々ばかりだからです。
今回の例で、りんごの話がありました。100個のりんごを奪い合う・・・介護業界では、確かに200個のりんごはあるかもしれません。ですが、マーケットに出されるりんごは、1割程度の20個で、その20個を10人で奪い合うことになるのではないでしょうか?というのが私の現時点での私見です。
簡単なレポートということでしたので、最後に・・・
講義資料の中の現状のコメントに「自社の継続が困難になってきている」とありますが、生きていく中で利用されるお年寄りの方々にも、そしてサービスを行う事業者の方にも継続していく(生きていく)ための仕組みを考えていくのがこの業界で働く私達の仕事だとあらためて感じることができました。仕組みを考える中での決断や判断には、自社で考える理念や行動原則、そしてお客様が考えている理念や行動原則を徹底して考える必要があることが大変勉強になりました。

今後も、仕事も元気大学も楽しくやっていこうと思います。加藤先生、ありがとうございました。
事務局の太田さん、ありがとうございました。
                              株式会社ニコム 佐藤洋平


ふ~・・・洋平君・・・長い・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

ぶろぐのお値段

RSS Feed

多治見元気大学ブログのRSSフィード
プロフィール

多治見元気大学

Author:多治見元気大学
多治見元気大学 
事務局長の太田守です!!

日本一熱い多治見から、元気を
発信します。

経営学、経営法務、マーケティング
、心理学、モチベーションアップ・
コーチング、IT等。

経営に必要な知識を、熱く燃える
仲間達と共に学んでいます。

熱くなりたいヤツ、集まれ!!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。